通販で始められるダイエット薬・ゼニカルのジェネリックが持つ役割

12月 16, 2019

ゼニカルの購入はこちら
ジェネリックのイメージ 海外生まれのダイエット薬、ゼニカルは多くのダイエッター達のダイエットを成功に導いたことで広まり、日本でも使われるようになりました。

といっても、日本の病院でゼニカルはまだ自由診療の領域で取り扱われており、処方の際は保険適用外の価格になります。

ゼニカルをもっと安く使えるようにするにはどうすればいいのか。その解決策となるのがゼニカル通販です。

通販なら病院と違ってゼニカルの値段は一定になりますし、診察料などもかかりません。通販サイトで貯まるポイントを使って、代金を通常よりさらに安く抑えることもできます。

さらに、通販サイトではゼニカルのジェネリックも見つかるので、気になる人は活用してみるといいかもしれません。

今回は、ゼニカルのジェネリックが持つ役割について注目してみます。

通販で買えるゼニカルのジェネリックにはどんな違いや役割があるのか

ジェネリックのイメージゼニカルのジェネリックとして主に挙げられるのが、オルリガルとオルリファストです。

この2つとゼニカルの違いについては、別のページでそれぞれ検証されているはずですので、詳しいことが気になる場合はそちらを参考にしてみてください。

通販で買えるダイエット薬・ゼニカルとオルリファストの違い

上のページでも明らかにされていますが、ゼニカルとオルリガル・オルリファストを含むジェネリックの違いはほとんど無しといっていいでしょう。

わずかに見られた違いは、価格と購入方法と錠剤の大きさに関することです。

このように、ほとんど同じダイエット薬として扱われてもいい3つのダイエット薬。

なぜゼニカルのジェネリックが作られているのでしょうか?

そもそもジェネリック医薬品とは?新薬とジェネリックの関係について

ジェネリックのイメージ調剤薬局や病院で耳にすることが多いジェネリック医薬品ですが、実際のところ何物なのかよくわかっていないという人もいるのではないでしょうか。

まず、ジェネリック医薬品について知っていきましょう。すでに理解しているという人も、改めて再認識してみてください。

ジェネリック医薬品は後発医薬品ともよばれるとおり、新薬を基にして後から作られる医薬品です。ここでは、ゼニカルが新薬ということになります。

新薬が開発されて発売が認められるまでには、長い年月と大きな費用がかかります。

このため、発売された新薬には特許権が与えられます。特許権の間は、他の製薬会社がそっくりの薬を作ることを禁じ、新薬の価格は製薬会社が決められるようになっています。

特許権は約20年ほどで切れます。特許権が無くなったら、新薬を参考にしたジェネリック医薬品の製造を認められるのです。

特許権がなければ製薬会社は新薬による利益を得られないまま、開発費ばかり負担することになります。

その状態が続くとなると、医学は進歩せず製薬会社も運営を続けられません。

特許権は、製薬会社を守るために必要な権限なのです。

ジェネリック医薬品は医療現場を支える存在

ジェネリックのイメージでは、後から作られたジェネリック医薬品の役割とは何でしょうか。

ジェネリック医薬品は新薬の成分や作り方を参考にしているので、新薬と比べて研究や開発費用を少なく抑えられます。

ジェネリックが新薬よりも安くなっているのは、このような理由があるからです。

新薬は高くてなかなか飲み続けられないという人でも、ジェネリック医薬品なら手の届く範囲の価格になるので、購入しやすくなります。

医療費の削減は個人の問題にとどまらず、日本国内における課題の1つでもあります。そのため、医療機関ではジェネリック医薬品の使用を推奨しているのです。

すでに先進国では、ジェネリック医薬品の普及率が9割を占めている国もあります。日本国内でも、およそ7割の普及率を見せています。

幅広い人が使いやすいジェネリック医薬品は、今後も世界で広まりを見せていくでしょう。

ゼニカルのジェネリックを使うにあたっての大きな違い

ゼニカルのジェネリックとして挙げられているオルリガルとオルリファストです。

新薬のゼニカルではなくこれら2つのジェネリックを選んで購入したとすると、どんな違いが見られるのかまとめました。

圧倒的に安い

当然ですが、値段の違いが大きく見られます。

ゼニカルと2つのジェネリックは、1錠あたり100円以上の価格差があります。

また、箱で計算すると価格差は一箱3,000円以上にもなります。

購入できるのは通販のみ

ゼニカルは通販で購入するほかにも、いざという時は病院で処方を受けられます。

オルリガルとオルリファストは国内では未承認なので、通販だけの販売になっています。病院に行っても取り扱われていないので、注意してください。

通販で購入するならあまり変わらない?

ゼニカルのパッケージ病院でも通販でも購入できるゼニカルと、通販のみの販売になるジェネリックの違いは他にも挙げられます。

通販だけでは使い方について病院側からの説明を受けられないという点や、ジェネリックの通販なら病院に行かなくても楽に家で取り寄せられるという点も…

しかし、ゼニカルもジェネリックと同じように通販で購入できる薬です。

いずれも通販で購入すれば、価格以外の大きな違いはあまり無いとも言えます。

1番大切なのは、薬が自分の体に合っているかどうかということです。

新薬を選ぶかジェネリックを選ぶか、どちらを選んでも自分の体のために有効に使いましょう。

ゼニカルの購入はこちら